あなたにおすすめのオナ電サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたのオナニー相手探しにGood!

エロすぎるSkypeエロイプ体験談

アダルトビデオが手軽に見ることができるインターネットの世界。
どんな人でも快楽を得たいならば、簡単に手に入ります。
ですが、あまりにも簡単すぎると刺激がなくなります。
マンネリズムに陥ってしまいます。
そこで、新しい刺激はないかと探していると、「エロイプ」に流れ着きました。
エロいライブチャットをイメージしてください。

私も頻繁に使っていたSkype。
まさか、こんな使い方ができるとは、目から鱗です。
Skypeの友達を募集できるコンテンツがあるのです。
さっそく掲示板でアタックしまくり。
性欲のパワーは凄いです。
自分でもびっくりする行動力がでます。

若い女性がいいので30代までの女性に絞っていました。
すると、23歳の美容関係の専門学校の女性がみつかりました。
ちょっと酔っ払っているのでエッチがしたい!なんて過激な文言でした。
そのフレーズに、早速コンタクトを飛ばします。すぐに返事がきました。

通話モードで繋がると、彼女のことばどおりです。
鼻声で呂律が不安定です。
どうやら彼氏と別れてやけ酒をんでいたみたい。
そうとうストレスも性欲も堪っていると感じました。
そして、勝負。
「パーとエロイプしてストレス発散しようや」と言うと、「お互いにビデオ通話にするならばいいよ」と快諾。

ビデオ通話に切り替えるとAV女優の水嶋あずみ(みずしまあずみ)に似た女の子。
私はテンションがあがりました。
そして、ヌードを見せて欲しいと頼み込みます。
彼女はお酒も入っているので抵抗感もなし。
ブラジャーをはずして、手でもみ上げます。
柔らかくて触り心地のよさそうなバストがセクシーでした。

「すごいよ!全部みせて欲しい」と誘って、褒めちぎります。
「最初だから、ここまでかな?」と言います。
でも最終的にはパンティも脱いでくれました。
ぷっくりと飛び出す乳首に目が釘付けになりました。
愛液にまみれた股間もセクシーでした。

彼女は「彼氏と別れてからエッチしていないから、よかったら相互オナニーしよか?」と誘ってくるじゃないですか?驚きの提案です。
その後は、ハアハア悶えるエッチシーンを必死に見させていただきました。
エロイプにハマりますよね。
こんな経験をしたら……。

エロイプで濡れまくった私

出会い系サイトをしていたのですが、イマイチだったので、エロイプ募集掲示板を試したところ気に入りました。
エロイプならば、音声で通話できます。
テレビ電話みたいにやりとりができるので、話が早いです。
私は女性ですから、モテモテです。
インターネットでは女性はモテるのです。
美人でなくてもOK。

気に入った男性を見つけて、さっそくSkypeで繋がります。
「エロイプははじめてなの……」と言います。
最初は世間話からスタートがセオリーみたい。
どこに住んでいるのかとか、年齢とか。
そして、次第にエッチな話題に入ってきます。
「今、どんな下着を着けているか教えてよ」
「どんな格好をしているの?」

私も、ちょっとエッチな気分になってきます。
流れに乗るのがいいです。
素直に答えると、相手の男性は「見たい!見たい!」とダダをこねます。
断る理由もないのです。
ビデオ通話モードにチェンジします。
スカートを撒くってショーツを見せます。
ここまでくると男性もハイテンション。

「もっと見せて欲しい!」といいますから、スカートを脱いで下着姿になります。
ここで、エロく脱ぐようにしましょう。
私は女性向けのアダルトビデオを見るのが好きなので、男性が好む「脱ぎ」のシーンを勉強しています。
みんなも勉強してね。

男性には、アソコが敏感だから……と伝えておいたので、「アソコは触らないで、乳首を自分でなでてみて!」なんて指示をしてきます。
「固くなってるよね。見えてるよ」と乳首の勃起を指摘します。
見られていると思うだけで、下着が濡れてきます。
「おっぱい触っただけなのにシミになってるよ」と恥ずかしいことを聞いてきます。

パンティが濡れて濡れて透けてしまっています。
もう我慢できなくて「脱いでもいい?」と彼に哀願してしまう始末。
完全に堕ちちゃいました。
これまでにないほど、私は濡れていました。
彼のモノも反り返っているのがわかりました。
鉄より硬く熱い勃起ペニスです。私を見て興奮してくれるのがうれしい。

「アソコに指をいれて、音を聞かしてよ」と言われると指が2本入りました。
こんなように相互オナニーが始まったのです。
お互いの画面をガン見です。
彼とはSkypeIDを交換して、定期的にエロイプしています。
今度はデートする約束をしています。

偶然にエロイプした元同級生の女の子

僕が25歳で仕事が嫌になって、自宅で引きこもっていたときの話をします。
仕事探しも、する気持ちもすぐにはでませんでした。
心が病んでいたのだと思います。
ですが、あまりにも暇でテレビを見るのもインターネットでネットサーフィンするのも飽きてきました。
そこで、Skypeというアプリがあって、それでテレビ電話のような使い方で遊べるという記事を見たのです。
早速、ダウンロードしました。
必要なWebカメラもネット通販でゲット。

話をする女性を見つけるためにSkype掲示板を見ていました。
すると「エロイプを希望する女性です。暇な男性はいませんか?」なんて投稿がありました。
僕はエロイプという言葉を知りませんでした。
ネットで調べて「えっ、こんなことができる」というほどビックリ。
そして、すぐにテレビ電話を飛ばしたのです。
ディスプレイには長い黒髪が魅力の美少女でAV女優の上原亜衣(うえはらあい)さんみたいな女の子でした。

よーく見たら見覚えがある顔。
彼女は高校時代の同級生でした。
目立たない女の子でしたが、間違いありません。
私は覚えていました。
そんな彼女が「エロイプ希望」なんてエロすぎ。
ヤバイ!から電話を切ろうとも思いました。
ですが、彼女の方は僕のことに気付いていることはありません。
服を脱いで下着姿になっていました。

そしてブラジャーも外します。
色白で色素の薄いピンク乳首でした。
オフホワイトのTバックだけになりました。
僕には電話を切るという選択肢はなくなりました。冷静さを欠いていたと思います。
彼女は右手を下着にいれてオナニーを開始。

僕もそれを見てセンズリをスタート。
ふたりともにエロイな声をあげてしまいました。
淫乱な本性をさらけ出したのです。
やがて、やってくるオルガスムス……そして、呼吸を整えた彼女が驚きの発言。
「高校以来だよね……」と。
僕は、冷静になって、顔が赤くなるのがわかりました。

彼女は全く平気。
普通に会話を続けていました。
その後も彼女とはエロイプだけでなく、セフレとして楽しんでいますよ。

あわせて読みたい